5月はジュリー・アンドリュースです2012/05/05 10:29

映画専門雑誌「スクリーン」の付録のカレンダー5月は「ジュリー・アンドリュース」です。たしか、4オクターブの声域を持ち、ある主の天才肌ともいえる才能に恵まれていた人だと思う。
オードリー・ヘップバーンの代表作の一つ「マイ・フェア・レディー」のイライザは、ブロードウェイの舞台版ではジュリーアンドリュースが演じ、結構好評だったものだ。しかし、映画化するにあたり、ハリウッドの映画会社のお偉方たちはどれだけ客を呼べるのかのそろばん勘定で、オードリーに決めた話は有名。「興行」というビジネスは非常に冷酷であり過酷なのだ。それだけに、一発当ててヒットすれば、それで一気にスター街道まっしぐらというサクセスストーリーもあった世界でもある。
残念ながら、オードリーは映画「マイ・フェア・レディ」で自身の声で歌っていない。地声とは似ても似つかぬ声の方が歌っている、というのも有名な話。
話は「ジュリー・アンドリュース」であった。ボクが一目惚れしてしまった作品は、ディズニー映画「メリー・ポピンズ」であった。ロードショーではなく、リバイバルの時に見た。あまりミュージカルに興味がなかったが、母の強い勧めで見に行ってみたら、高校生の多感な男の子はガーンという衝撃に見舞われたのだった(ちなみに、こんな風に映画の女優を見て、ガーンとなったのは、このほかに「ライムライト」に出ていたグレア。ブルームがいます。今となってはみんなお婆さんですが・・・)。
従って、朝イチから終演まで、映画館に入って出てこない見方を何度もしたことを覚えている。今の映画館では出来なくなったが、昔はこれが出来たのね。

続いて「サウンド・オブ・ミュージック」を見ることにした。これも「ガーン、ガーン」と二発ほど食らったと記憶する。この作品には「ドレミの歌」という楽曲があるが、当時のボクは、ペーギー葉山という歌手のイメージが強く、学校の音楽の教科書に出てくるような曲なんて、「けっ、しゃらくせぇい」とずっと食わず嫌いの態度をとっていた。「メリーポピンズ」は、ボクの人生を見事狂わせてくれた。
実はジュリーアンドリュースの作品は、このほかは知らない。ちょこちょこと出演作はあったかもしれないが、興行的には多分失敗作ばかりであったろう。
ジュリーアンドリュースの魅力は、気品があって、おしゃまさんというキャラかなと思う。多分当時はいろいろなことに我慢せねばならない日本の女性に受けたのではないだろうかと想像する。
今もってよく分からないことは、あの「ピンクパンサー」シリーズの監督、ブレイク・エドワーズとどういった経緯で結婚されたのか、ということだ。余計なお世話だということは百も承知ですが・・・。

コメント

_ manicure ― 2017/04/08 17:54

I just could not go away your website prior to suggesting that I extremely loved the usual info a person provide in your guests?
Is gonna be back incessantly in order to check up on new posts

_ BHW ― 2017/04/12 19:21

We are a group of volunteers and starting a new scheme in our
community. Your site offered us with helpful information to work on. You have done an impressive activity and our
entire group will probably be thankful to
you.

_ BHW ― 2017/04/15 03:38

Hey! I just wanted to ask if you ever have any trouble with hackers?
My last blog (wordpress) was hacked and I
ended up losing a few months of hard work due to no back up.
Do you have any solutions to protect against
hackers?

_ Rodrick ― 2017/04/29 22:11

I drop a leave a response whenever I like a post on a website or I have something to add to the conversation.
It's a result of the sincerness displayed
in the post I looked at. And on this article 5月はジュリー・アンドリュースです: KOMARUの行き当たりばったり道中記.

I was actually moved enough to drop a thought :)
I actually do have a couple of questions for you if it's okay.
Is it just me or do some of these comments appear like left by
brain dead individuals? :-P And, if you are posting at additional sites, I'd like to follow anything new you have to post.
Would you list all of all your public sites like your twitter feed, Facebook page or linkedin profile?

_ Fermin ― 2017/05/01 14:50

Hi there i am kavin, its my first occasion to commenting anyplace, when i read this piece of writing i thought i could also create comment due to this brilliant post.

_ manicure ― 2017/05/03 11:50

whoah this weblog is magnificent i love studying your posts.
Stay up the good work! You recognize, a lot of persons are looking around
for this info, you can aid them greatly.

_ manicure ― 2017/05/04 04:45

Awesome post.

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://komaru.asablo.jp/blog/2012/05/05/6435196/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。