義父の一周忌2011/07/30 11:00

早いもので、義父が亡くなり1年を迎える。このため、代々世話になっているご住職のいらっしゃる、久米川駅近くの浄土真宗のお寺へ向かう。
土曜日だったが、節電対策のため平日休みにしている会社が多いと聞いていたので、上野から車でどのくらい時間が掛かるのか不安。集合時間は11時だったが、朝8時10分頃上野を出発。一般道を使ったが、約70分で現地に着いた。
少々早すぎるため、久米川駅まで向かいここで時間をつぶす。
今回の法要では「次第」というプリントが配られた。法要の式は、勤行が二十分ほどと説明していた。
そして、1)各自合掌、2)住職焼香、3)三奉請(さんぶじょう)、4)表白(ひょうびゃく)、5)参拝者焼香、6)仏讃(ぶっっさん)・経段(きょうだん)、7)回向文(えこうもん)、8)合掌・称名念仏、9)ご文章(お文)等々の順で説明が書いてあり、実際にその順で進められた。
法要後、多磨霊園へ。ここのお墓に義父が眠っているのだ。ここでお墓をきれいにし、お花とお線香を供え、食事に向かう。
食事は、深大寺の水神苑で行う。普段はもちろん、まずもって自腹では絶対に食べられないような、りっぱで豪華なそば会席で舌鼓。あまりにも高級な会席で、車でなければ、ビールいや日本酒でいただく内容。この日はウーロン茶でごちそうになりました。
満腹になり、深大寺を散策することになった(写真)。
ここにはあっちこっちに蕎麦屋がある。また「深大寺ビール」なるものも発見。地ビールというものかどうか分からないけど、車のためやり過ごす。ここを訪れたのは、僕は初めて。御上りさん状態であっちこっちを見て回り、帰宅することになった次第。
今日の結論。こういう時はやはり車で行ってはダメですね。食とお酒はいい形でタッグマッチを組むと、うまさが倍増する典型的なケースを経験したような気がします。

コメント

_ manicure ― 2017/05/04 14:24

Wow! This blog looks just like my old one!
It's on a entirely different subject but it has pretty much the same layout
and design. Excellent choice of colors!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://komaru.asablo.jp/blog/2011/07/30/5999032/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。